エクステンション留学@Seattleと海外ひとり旅の日記

社会人7年目にしてシアトルの University of Washington へ留学。現地生活やインターンの備忘録でしたが、帰国した現在は海外ひとり旅についてもあれこれ書きます。

Seattle起点の旅行(Hawaii編Day3)

6時起床。キッチンでクリームチーズとサーモン(シアトル土産)のベーグルサンドとサラダ、カフェオレを作って朝ごはんに。アメリカンベーグルのおいしさに同行者も感動してくれてたいへん満足。
8時少し前に送迎バスに乗ってホノルル空港へ。空港についてから送迎バスの運転手から全員に温かいスパムむすび(スナック扱いらしい)が配られたものの、お腹いっぱいなので取っておくことに。
9:55HNL発→10:47ITO(ヒロ)着のハワイアン航空382便。機内サービスでパッケージングされたトロピカルジュースが配られました。
ヒロ空港でガイド女性に出迎えられバンに乗り込みます。ツアー参加者は10人ちょっとで、中高年夫婦か女の子同士ばかり。

最初に黒砂海岸を歩くと、なんといきなりウミガメに遭遇。ご飯を食べに岸へ来ているらしいのですがこんなに近くで見られるとは思わず結構感動。砂浜こそ黒いし岩は多いけど、地元の子供連れが普通に海水浴に来るような、きれいな海です。

f:id:harada_emi:20130913061959j:plain


お次はハワイ島にしかないと言うショートブレッドの老舗、ビッグアイランドキャンディーへ。ツアーで連れていかれるお土産屋さんなんて、と全く期待せず試食してみたら、これがまたホノルルクッキーよりずっとおいしいじゃありませんか。コナコーヒーもおいしいです。店内からガラス越しにクッキーを作る行程が見えるのですがチョコレート掛けはなんと手作業!アメリカは人件費高そうなのに…。

 

さらにマカダミアナッツで有名なMAUNA LOA(マウナロア)に連れていかれ、隣接するカフェテリアでガイドさんお勧めのマカダミアナッツアイスを(これは自腹で)。フレーバーは5つくらいある中からココナッツとチョコを選んだのですがどちらもマカダミアナッツとぴったり合っておいしかったです。ちなみにマウナロアはアジアや欧米の団体客とバッティングしたせいで非常に混雑していて、とてもまともに買い物できる状況ではなかったです。でもナッツの価格はホノルルのABCやスーパーよりも安いのでお土産はここで買っておいた方がお得です。

クッキーの試食とアイスで満腹になった後は、ハワイ島にある大きい方のカメハメハ大王像を見てレインボー滝を見に行きます。時間が遅いのでもちろん虹は見えないけど、滝はきれいだったなぁ。

f:id:harada_emi:20130913073823j:plain

 

13時頃にロコモコの最老舗Cafe100でランチ。ツアーに昼食が含まれていたので商品名は定かではありませんが、私はチキンナゲットのロコモコ(Oyako Loco?)を、同行者はチリビーンズ(Chili Loco?)を食べました。ロコモコはほとんどが5ドル切る驚くべき安さです。個人的にはグレービーソースってよくわからない味であまり好みではないので、チリビーンズの方がおいしかったです。

f:id:harada_emi:20130913080451j:plain


満腹になったら15時から溶岩ウォーク。私有地なので15時にならないと入れないらしいです。冷えて真っ黒になった溶岩の上を歩くのですが、この下に飲み込まれた家屋がたくさんあるのかと思うとなんとも…。歩ける範囲はすごく狭いのですが壮大な景色なので行く価値はあります。ただ、地面が黒いため太陽熱をもろに受けてかなり暑いので要注意です。

f:id:harada_emi:20130913101341j:plain


セブンイレブンで夕飯の買い出し(ツアー費に含まず)をしてから本日のメイン、キラウエア国立公園へ。最初に行ったKilauea Iki Overlook (キラウエア・イキ展望台)では、溶岩で真っ黒なすりばち状のクレーターが見下ろせます。そんでもって、よくよく見てみるとクレーターの上を歩く観光客がちらほら。クレータートレイルができるんですね。面白そうですが4時間くらいかかるらしいのでまた次の機会に。

次にThurston Lava Tube(サーストンラバチューブ)という大きな溶岩トンネルをくぐります。このあたりは大きなシダ系の植物が生い茂っていて南国ジャングル気分が味わえます。

最後はJaggar Museam(ジャガーミュージアム)に登って、Halema'uma'u Crater(ハレマウマウ火口)のビューポイントに立つものの、溶岩は見えず煙だけがもくもく。ドロドロ溶岩が見たいならボートツアーがお勧めと言われたので次回はそれにしよーっと。
小雨が降って冷えてきたので帰りの集合時間までミュージアムをひとしきり眺めて、最後にもう一度火口を見に外へ出たら、先ほどよりもしっかり火口の赤みが確認できました。写真にするといまいちですが、近くで見るとなかなか興奮します。

f:id:harada_emi:20130913133036j:plain

日も暮れて山を下りる帰り道はザーザー降りの雨。なのに飛行機の時間が近いのかハワイアンな運転手のおじちゃんがびゅんびゅん飛ばしててひじょうに恐ろしい。危ないなぁと思いつつも、私含めた乗客全員寝てしまって起きたらもうヒロ空港でした。どうしてバスってあんなに眠くなるんですかね。


搭乗券をもらってガイドさんとさよならして、20:21ITO発→21:10HNL着のハワイアン航空391便で帰ります。搭乗開始まで1時間くらい余裕があったので、朝もらったスパムむすび(ひとり一個)とサンドイッチ(2人で一個)、ポテトチップスを夕飯代わりに食べました。
スパムむすび初体験でしたが(しかもセブンイレブンのものですっかり冷めてる)、これが想像以上においしい!塩気が強いけど疲れてたのでちょうど良いかんじ。ロコモコもそうだったけどハワイはお米がおいしい気がする。
ホノルル空港でも出迎えの運転手が来ていて、ホテル前まで送ってくれました。イリカイホテルはワイキキの中でも最も西側なので最初に降ろしてもらえて、眠気と疲れがピークの私たちにとってはラッキー!ホテルの売店でビールロング缶1本だけ買って、チーズをつまみに部屋で飲んでこの日は就寝しました。

広告を非表示にする