エクステンション留学@Seattleと海外ひとり旅の日記

社会人7年目にしてシアトルの University of Washington へ留学。現地生活やインターンの備忘録でしたが、帰国した現在は海外ひとり旅についてもあれこれ書きます。

インターン11日目:社会貢献活動

道が空いていて9時半に会社到着。久しぶりにすっきり晴れた月曜の朝で気持ちがいいです。金曜の夜に掃除のひとが来てくれているので月曜朝は掃除することも特になく、キッチンの補充だけして席でメールチェックをします。みんな週末もまめにメールチェックしているようで返信がたくさん来ていました。

メンターのDさんが急なお休みをとったため(引っ越しが終わらないらしい)、彼に確認が必要なものはすべてメールしておきます。山のようにメール送ってしまったから明日うざがられるんだろうな…。次に金曜のやり残しである新任マーケッターのチェック。先週分はひとりしか該当者がおらずあっさり終わりました。そのあとは出社してきたEVPから頼まれた事務仕事(Cable Tiesの発注とか)をちょこっとして、今度はボランティア活動のリストアップに取り掛かります。四半期に一回はなんかしらのCharitable Giving Eventsに会社として参加したいとEVPから依頼があり、シアトル近郊でグループ参加できるイベントを探します。

そもそも、アメリカはボランティア活動が常識として染みついているのでその手の情報サイトはたくさんあるのですが、Volunteermatch.orgというマッチングサイトが使いやすかったです。場所と希望するボランティアジャンル(教育とか動物とか)を入れると条件にあったボランティアワークが見つかります。結局、ここで見つけた宝探しみたいなイベントでボランティアじゃなく参加者としてエントリーしよう、ということになりました。イベントの利益は子どもの教育支援団体に寄付されるそうで、参加するだけでも社会貢献できます。しかも3人一組で知恵を絞る必要があるゲームなので、チームビルディングにもなるから一石二鳥!ってEVPは喜んでました。5月開催だから私もエントリーしようかなぁ。

午後に1時間ほどEVPが面談時間を取ってくれました。彼女はSeattle支社の営業を担っているのでほとんど会社におらず、たまに会社にいるときはランチをとる暇もないほど会議を詰め込んでいるほど超多忙。なので本当にありがたいことです。私のこれまでのキャリアを考慮し学生のインターンとは違う仕事をさせたいと言ってくれたので、期待に応えるべくあと10週間精一杯やりますよ!

 

<今日の新単語>
lmk = let me know
scavenger hunt:借り物競争
potluck lunch:持ち寄りランチ
my laptop is running crappy:パソコンの調子が悪い

広告を非表示にする