エクステンション留学@Seattleと海外ひとり旅の日記

社会人7年目にしてシアトルの University of Washington へ留学。現地生活やインターンの備忘録でしたが、帰国した現在は海外ひとり旅についてもあれこれ書きます。

インターン14日目:Webサイトのローンチ

朝9時半にオフィス到着。今日は午後から雨になるそうで、どんより曇り空です。いつものようにコーヒーマシンの使用済みリフィル入れを本体から取り出すと、いつもの3倍くらい入っててびっくり。というのも今月末の契約更新(本体は無料リース)タイミングで新しいコーヒーマシン(別メーカー)に切り替えたいから早く使い切りましょう、というメールを昨日流したせい。みなさん素直で大変よろしいです。

昨日に続いてテレアポリストの作成をして、お昼ちょっと前にコーヒータンブラーひとつの梱包をこなし、11時半から元EVPで現President(肩書が新しくなった!)のJさんとメンターと3人でミーティング。進行中のタスクをひとつずつ確認しながら指示を受けます。
午後は指示された内容をもとにタスクリストを作成し、今後の週次ミーティングではそのエクセルファイルを見ながら進捗確認ができるようにしました。あとはMeetupをベースに作ったマーケティング団体のリストについて、足してほしいと言われた情報の追加作業を。これは時間かかるから明日までに終わらせることにして15時半すぎに退勤。今日は遅くなるほど雨が強くなるみたいなのでさっさと帰ることにしました。

そうそう、今日あるクライアントのWebサイトがローンチになりましたよ、という全社メールが流れました。このメールというのが日本の会社で流していたのとほとんど同じで、なんだかおもしろくて。内容はプロジェクトメンバーへのねぎらいがメインで夜も遅くまで、ときには週末を犠牲にしてまで、とか書いてあって、アメリカでも同じじゃん!って思ったんです。全社メールにCEOが返信つけてプロジェクトをねぎらうところなんかもよく似てる。こういうコミュニケーションはどこの国でも大事なんですね。

<今日の新単語>
give a big shout out to someone:~さんにとても感謝する(スラング)
nail down detail:詳細を確定させる
get shit done(GSD):宿題などのやるべきこと
Holy mama! = Holy cow!
reference point:基準点
PoV = Point of View
Lmao = Laughing my ass:大爆笑

広告を非表示にする