エクステンション留学@Seattleと海外ひとり旅の日記

社会人7年目にしてシアトルの University of Washington へ留学。現地生活やインターンの備忘録でしたが、帰国した現在は海外ひとり旅についてもあれこれ書きます。

インターン23日目:社内インタビュー第一弾

9時出社の水曜日。あいにくの雨なのでいつもより10分早いバスに乗ったのに、オフィスに着いたのは9時5分前で超焦りました。何人か9時過ぎてから出社してる人がいたので雨の日はそれほど厳格じゃないのかも。ちなみにほとんどの社員は車通勤です。SoDo地区というダウンタウンからやや南にずれたところなので敷地内に社員用の駐車場があります。ダウンタウンやファイナンス地区だとビル群なので駐車場の確保は難しいんだとか。

今日はシアトルにあるさまざまなマーケティング団体に対しメールでコンタクトをとる仕事から。メールの文章はメンターにチェックしてもらって(カジュアルな感じに書き直してもらって)、内容もそれぞれに少しずつカスタマイズしたものです。メールを送ってから1週間は返事待ちで、そのあともう一度プッシュする予定。

社員の業務内容に対するインタビューをひとりにつき最大15分でさせてもらえることになり、今日はその日程調整と、さっそく一人目のインタビューを実施しました。事前に聞きたい内容をメールしておくのはもちろんのこと、面談をスムーズにするため各人のLinkedInで経歴や業務内容をチェック。また社内報がわりのメールニュース(週刊)にも各人がその週にどんな仕事をしたかサマリーが載っているので、それもまとめて読み返します。
準備した甲斐あって面白い話が色々聞けました。今日のひとはSocial MediaのチームでFacebookTwitterYoutubeなどの企業アカウントの運営代行をしたり、キャンペーンレポートの作成をしているそう。実際のキャンペーンレポートも共有してもらったから日本のものとの違いを見比べてみようと思います。

インタビューは明日、明後日と続くからすごく楽しみだー。

<今日の新単語>
Ad nauseam:うんざりするほど
tenacity:粘り強さ
carry someone through:誰かに難局を乗り越えさせる

広告を非表示にする